一戸建てやマンション、土地などの不動産を売却するには、大きく分けて『仲介』と『買取り』の2つの方法があります。

仲介とは

「仲介」での売却方法は、売却する不動産を不動産仲介会社に売却依頼(媒介契約の締結)をおこなうことで、売却することが可能となります。

「仲介」の場合は、主に一般の個人のお客様が購入することとなりますので、販売活動をおこない購入希望者を探す必要があります。不動産会社は、既に登録されている購入希望のお客様や来店のお客様への物件のご紹介とあわせて、不動産ポータルサイトや不動産流通機構(レインズ)などのインターネット媒体への掲載や、新聞折込チラシなどの各種広告媒体を使って、広く購入希望者を探します。

また、不動産の購入検討者が見つかると、売主と購入検討者の間に入り契約条件の折衝や契約手続きなど、各種調整をおこないます。また、契約が完了した後も不動産の残金決済・お引渡しが完了するまで、不動産仲介会社が売主・買主をあらゆる面でサポートをおこないます。

 

売主と買主の間に不動産仲介会社が立つことで、安心・安全に不動産の売却が可能となります。

買取とは

「買取」での売却方法では買主が不動産会社となるため、仲介の場合のように一から購入希望者を探す必要がなく、不動産会社に売却の相談をおこなってから不動産売買契約の締結、残金決済・引渡しに至るまでの期間が仲介の場合よりも圧倒的に短くできることが最大の特徴です。

仲介と買取のメリットとデメリット

仲介、買取どちらにもメリットとデメリットが存在します。売主様の条件やスケジュールに合わせて、どちらが適しているかを考える必要があります。

仲      介
【メリット】

・一般的に買取よりも高額な売却が見込める

 

【デメリット】

・売却までに時間がかかる

・売却時期、金額の見通しができず資金計画がたてられない

・売却していることを秘密にできない

・仲介手数料がかかる

・リフォーム費用がかかる可能性がある

・瑕疵(かし)担保責任に問われる可能性がある

買     取
【メリット】

・売却金額に合意できれば売却までに時間がかからない

・金額に合意できれば、売却時期や金額が確定し、その後の資金計画が明確になる

・売却していることを秘密にできる

・仲介手数料やリフォーム費用が不要

・瑕疵(かし)担保責任に問われる可能性がない

 

【デメリット】

・売却金額が仲介より安くなる

タイトルとURLをコピーしました