土地や家などの不動産を売却する場合には、「いくらで売れるのか」ということがいちばん気になるところですが、売るために必要な費用がかかることを忘れてはいけません。一方で売却によって手元に戻ってくる費用もありますので、不動産の売却に関わる「お金」について知ることが大切です。

不動産売却でかかる費用

仲介手数料

不動産を売却する際、不動産会社に仲介として入ってもらうと、多くの場合「仲介手数料」がかかりますが、これはあくまでも成功報酬ですので、売買契約が成立して初めて支払の義務が生じます。この仲介手数料は、取引する金額によって上限が決められています。

司法書士への報酬

抵当権の抹消や住所変更など、登記手続きを代行してくれる司法書士へ支払う報酬です。金額は手続きの内容によって異なります。

測量費用

土地を売却する場合には、対象となる土地の範囲を確定しておく必要があります。土地家屋調査士に依頼して、隣地や道路との境界、対象地の位置、面積を確定した測量図を作成しましょう。測量費用は民法で「売主と買主の両者で折板する」と定められていますが、実際には売主が負担するよう特約で定められていることが多いようです。

建物解体費用

既存建物がある不動産を更地にして引き渡すことが決まっている場合、建物の解体費用も必要になります。解体は建物大きさによっても異なりますが、金額的に高額になることもあります。

抵当権抹消費用

売却対象の不動産に抵当権が設定されている場合、買主に引き渡すまでに必ず抵当権抹消の手続きを行なわなくてはいけません。費用は抵当権などの種類によって異なります。

引越し準備費用

売却対象の物件は、買主に引き渡すまでに引っ越しが完了していることが原則です。引き渡しの条件にリフォームが含まれている場合には、引っ越し代だけでなくその費用も必要になります。

不動産売却にかかる税金

譲渡所得税、住民税

不動産を売却した際に出た利益は、「譲渡所得」として所得税や住民税が課税されます。売却した不動産の種類や所有していた期間によっても課税額は異なりますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

印紙税

「不動産売買契約書」に、契約金額に応じた「収入印紙」を貼り付けて納付することが印紙税法によって定められています。印紙代は買主と売主の両者で折半するのが一般的です。

不動産売却で戻ってくるお金

固定資産税、都市計画税

固定資産税や都市計画税というのは、毎年1月1日にその不動産を所有している人へ課税される税金です。不動産を売却した場合、売却後の税金は日割りで計算をして、買主から返却してもらうことができます。

銀行保証料

ローン借入時に支払った保証料は、不動産売却に伴う抵当権の抹消によって銀行から返却されます。

火災保険料

火災保険をローン借入年数の長期一括でかけている場合、売却によって途中解約をすると、残りの年数分の保険料を返却してもらえます。こちらから手続きをしないと戻ってきませんので、必ず解約手続きを行ないましょう。

マンション管理費、修繕積立清算金

マンション売却の場合は、管理会社に前払いした管理費や修繕積立金を日割り計算して売主に返却してもらうことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました