不動産売却のギモン

準備・査定依頼編

物件が売れるまで、どれくらいの時間がかりますか?

物件により多少違いがありますが、準備から引渡しまで半年程度が目安です。

査定は無料ですか?

はい、売却に関するご相談も査定も、全て無料で行っております。

同時に複数の不動産会社に声をかけても問題ありませんか?

もちろん大丈夫です。査定価格は不動産会社によって異なることがありますが、会社の得意分野や販売方法等も異なります。価格以外の部分もご検討いただき、決定されるのがいいかと思います。

売却活動編

販売活動はどんなことをするのですか?

当社のホームページや、不動産ポータルサイトへの物件情報掲載、新聞折込広告の実施など、さまざまな手段で購入希望者を探します。

売却価格は途中で変更できますか?

売却価格の変更は可能です。見学に来る購入希望者が少ない場合や、近隣物件の売出価格や成約状況を考慮した上で価格を見直します。

鍵は預けなければなりませんか?

居住中の場合は必要ありません。空家の場合は鍵をお預けいただくことで、内覧のお客様をスムーズにご案内できますし、売主様も煩わしくありません。

住みながら売ることはできますか?

はい、可能です。

近所に知られずに売却することはできますか?

可能です。インターネット掲載や、近隣へのチラシ等の配布を控えて売却活動を行います。

HPやチラシなどの広告費用はかかりますか?

広告にかかる費用は当社が負担いたしますので、お客様にご負担いただくことはありません。

税金・お金編

住宅ローンの残りがあっても不動産売却はできますか?

ローンの支払いが終わっておらず残債があっても家を売ることは可能です。ただし、家を売ったお金や貯蓄などでローン残債を一括返済できることが条件です。

売れなかった場合、費用はかかるのでしょうか?

基本的に、費用は発生しません。一般的に行われる広告費等は、売買契約時に発生する仲介手数料に含まれています。ただし例外もありますので、不動産会社との媒介契約内容を確認してください。

売却した場合、確定申告が必要と聞いたのですが?

売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要になります。申告手続きは税理士に依頼することもできますが、ご本人でも十分に可能です。

売却した年の固定資産税はどうなるのですか?

固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されます。そのため、売却後も納税通知書が届くケースがあります。ただし、引渡し日を基準日として、日割りで計算された金額を買主からいただくことになります。

その他

相続で取得した物件を売却する時は、何か手続きが必要ですか?

ほかに兄弟などの法定相続人がいる場合は遺産分割協議を行い、所有者を特定してから登記します。相続登記手続き完了後は、普通の不動産売却の流れと同じです。

隣地との境界が分からない場合はどうすればいいでしょうか?

不動産売買にあたり、境界は重要な問題です。境界票が地中に埋まっていないかどうか確認し、発見できないようであれば、土地家屋調査士に依頼し、境界票を設置する必要があります。

夫婦で共有名義になっていますが、特別な手続きが必要ですか?

契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として本人が行う必要があります。そのため、実印や印鑑証明書などをそれぞれ用意する必要があります。

不要な家具がありますが、全部処分しないといけませんか?

不動産売却をする場合、空家の状態で引き渡すことが原則なので、売主の負担と責任で処分いただきます。

ホームステージングってなんですか?

ホームステージング(Home Staging)とは、お部屋を家具や小物で演出することで、早期に好条件での売却を目指す販売手法です。当社では無料で行っております。

タイトルとURLをコピーしました